あいまいまいんの生物学

あいまいまいんの生物学

生物教員の端くれが勉強したりプログラミングしたり。

日頃感じたこと思ったこと、出来事など

勉強したプログラミングなどの話

授業で使えそうな生物学の知識・雑談・小ネタ

などなどを紹介していきたいと思います

コメント大歓迎!気軽にコメントして下さい

生物教材共有のためのサイトはこちら

科学系デイリーニュースを英語で喋るPodcastはこちら

もうだめかも

ひたすらただの弱音です。最近の状況を書き留めておこうと思って。

あんまり気分が良いものではないと思うので、見たい奇特な人だけどうぞ。

 

 

 

 

シンガポールから渡航許可が降りない。

昨年度の頭から何度も申請して、何度もrejectされて、それでもいつかきっと状況が良くなると信じて休業にも入った。

4月末あたりに、突如「学生ビザ所有者と『一緒に・同時に入国するなら』配偶者も来ていい」という連絡が来て、

もう既に夫(学生ビザ所有者)はシンガポールにいるんですが……?と困惑した。

これに該当するには、夫が一度日本に帰国しなければならないわけで、

それには

というハチャメチャなスケジュールを組む必要がある。

そもそも、コロナを入れたくないという観点で入国に制限を課しているのなら、「日本から1人人間が来る」の方が「シンガポールに既にいる人間が敢えて日本に一度帰り、日本から2人人間が来る」よりもベターだと思うのは私だけか。

そもそも夫は既に学生として課程をやっているわけで、長期間シンガポールを離れるのは酷だし

何より一度日本に戻った時に、シンガポールへ入国できない状況に変わってしまったら、授業にも参加できなくなってしまい「詰み」になってしまう。それもとても困る。

 

 

それで、どうにかできないかと問い合わせなり何なりと動きはしたものの、結局うまく事は運ばず、

運ばない内に変異株の感染が盛り上がってきてしまった。

シンガポールでもそれに応じて、どんどん制限が強くなっていっている。

上で述べた学生・配偶者レーンに関しても、話を進めようと動いてはいるものの、各所から「配偶者の入国を見直してほしい」と、まぁ簡単に言うと配偶者の入国を拒否されたという話が入ってきている。つまり機能してないっぽいのだ。

今までに許可された人も、認可が剥奪されているらしい。

まぁ普通そうだよな。私がシンガポール側だったら、

変異株が蔓延っている癖にロクに対策もせず、

毎日死者と新規感染者をぼこぼこ生み出し、

医療も逼迫した状態になり、

そんな中でオリンピックやろうとしてる、そんな気が触れた国から気が触れた国民を入国させたくないだろう。分かる。

分かるけど、困る。かれこれ夫と離れて半年だ。半年離れているのはかなりきつい。

ただ半年離れているだけじゃなく、年齢的に妊活のこと等も気になる時期なので、日が経つ度にじりじりとした気持ちになっていく。気持ちのすり減るのを感じている。

 

 

「暇でいいね」「働かなくていいなんて羨ましいね」なんて、休業を揶揄する人もいる。これも物凄く辛い。

休業は、有限の人生の中で夫と過ごす時間を作るためにとったものであったはずだった。シンガポールに行って、仕事をする代わりに夫の生活を支える。そうしたら私の意味もできると思った。

今は、コロナのせいで欲しくもない空の期間が出来上がってしまっただけなのだ。

空どころか、マイナスに等しい。だって働けない。働くことが禁止されているから、自分の労働できる肉体を持て余して無にしかなれない。

税金や共済掛金は消えていく一方だ。

夫が頑張ってお金を稼ぎ、私は働くこともできずただただ生きるためのお金を夫の頑張ったお金から浪費する。そういう構図にしかなれない。どうあがいてもなれない。夫には何のプラスも産めない。人に迷惑をかけるだけの人生には、耐えられないものがある。

お金を自分で稼いでない分、何かにつけて物を買うという行為が自由にできないのもまた辛い。今までは服や本を自由に買っていた。ほしければ買った。でも今は買えない。「無職のくせに」という気持ちになってしまう。自由に物が買えないと、精神が荒む。やれることの幅も狭まる。生活も狭まっていく。食ですらお金が出せない気持ちになっていく。

望んだ空き時間ではない上に、心の余裕もない。いつ行けるの?また駄目か。なんのために私は今生きてるの?そんな気持ちにしかならない。そういう気持ちがぐるぐる渦巻く中で、のびのび勉強やら好きなことやらできるわけもない。自分の精神力が足りないだけなのかもしれないけれど。そんなに気持ちが強くなかったんだなって毎日感じている。

虚無の日を過ごし、ほとんど進捗が作れない自分が嫌になる。情けなくなり、辛くなる。「暇人のくせにな」って、自分でも自分を責める。それで余計に心がぐるぐるする。

外に出れば、Twitterを見れば、働いている人ばかりだ。働いている人が、暇な時間が欲しいとつぶやくのを見ると、何もすることがない自分にぐさぐさと刺さるので、あまり見れなくなってしまった。休日も、外に出たくない。外に出ると、いつも働いている人が目一杯楽しく生きているのを見てしまうから。ファミリーを見ると余計に辛い。

平日でも、外に出るのがちょっと辛い。子連れの母親に会うことが多くて、自分は同じ年頃なのになんの負担も抱えずにのうのうと無で生きているなぁという気持ちになるから。同時に、自分もああやって子を連れて今頃生きていたかったなと思ってしまう。なぜできないのだろう、と思ってしまう。

ボランティアとかしたら?というのも考えてみた。考えてみたけど、人と接触してコロナに罹ったら全く意味がない。なにかにつけて、オンラインでできないものについては(土地に根ざすものについては)いつまで続けられるか分からないという不安がある。短期間だけぽっと現れる部外者は、受け入れる側にも迷惑があるだろう。結局そういう考えでやめてしまった。

 

 

私がどれだけ外出を制限し、どれだけ人との接触をなくしても、コロナの状況は全く良くならなくて、シンガポールはどんどん制限を強くしていく。これがまた辛い。自分が悪いなら、諦めもつくが、自分が何もできない所で、勝手に物事が動いていく。

新規感染者がこうも途絶えないものだとは、と最近は驚きの気持ちすらある。でも喫茶店とかの横を通ると、中で平気でおしゃべりしている人が沢山いるので、まぁそんなもんかと思ったりもする。まだまだ、たまたま罹ってないだけで罹る人間なんてごまんといる。日本の感染収束なんて、1年後ですら無理だろうなと思う。やってる政策がコロナを潰すことじゃなくて、コロナをそこそこ蔓延らせた状態で維持しながら経済活動をそのまま進めるためのものなんだから、まぁそうなるよな。政策自体、ウイルスのこと知ってたらこうは動かないなというものを平気でとっていくから、まぁ「そこそこ」蔓延る状態では抑えられず普通に荒ぶるよな、とも思う。これも諦めの気持ちで眺めている。

 

 

他人から見たら、労働せず、一人でいて、何もかも自由で、お金は他人が稼いで出してくれる、そんな日々は最高に見えるのだろう。

けれど私はもうだめみたいだ。

自分の役割がない、ということの辛さを知った。

二人でいたいのに一人でいる、ということが幸せなわけがない。

何もかも自由なのは、何もかも自分の責任になって、逆に首が締め上げられるようだ。

お金を他人に稼がせ、自分は何の価値も生み出せないままおんぶに抱っこなのは苦痛で、こんなことなら私が死んだ方が相手にとっては幸せじゃないか、とすら思う。

毎日心理的不安に苛まれ、不安なせいで物事が手につかず、手に付かないと自分を更に追い詰め、一層不安に落ち込んでいく。そういう日々をこの2ヶ月近く、ずっと過ごしてきた。

そうしたら、最近、夜に寝られなくなってしまい、ご飯もあまり食べられなくなってきてしまった。

夜ベッドに入ると、「何もしてないのに寝るんだ、なんて自堕落な人間なんだ」「明日もなにもない日が一日あるんだ」「明日こそ何かをしなければ」「自分はどう毎日生きていくのが正解なんだ?」「あの人は進捗を出しているのに、何もない中で何も出せない自分はなんて無能なんだ……」など、ずっと頭の中をぐるぐるもやもやと思考が回り続け、私を責め続ける。「不安だからって、それを盾にして結局自分が努力できてないだけなんじゃん」という声も聞こえて、仰るとおりだなと思う。

無意識に、死ぬ時はどうやって死んだら一番誰にも迷惑がかからないんだろう、とか考えてたりもする。ふっと消えることはできないのかな、とか、この無駄な期間ずっと夫に迷惑がかからないように生命機能を停止させられる仕組みとかないのかな、とか思ってたりする。そういうことを延々と考えているから寝れない。入眠できないままじっとしている時間も無駄に感じて辛い。

 

ご飯を食べるときも、ご飯を食べることに自分が値するのかどうかを考えてしまう。常にそれがちらつき、もはや美味しくない。ごはんが美味しくないので、食べるのをやめてしまう。いつか餓死するんじゃないかとかちょっと思う。さすがとないと思うけど。

 

私は元々頭の切り替えがうまくできるタイプでもないので、どんどん感情や考えがまとまらないまま蓄積されて、何も手につかなくなっていってしまう。今の頭のストレージはほぼいっぱいいっぱいで、勉強しようが本を読もうが何かしらの感情が邪魔をしてしまう。「私は無能だ」「やっても伸びない」みたいな自己嫌悪が襲ってくると、勉強をしても虚無感がある。何をしても付け焼き刃にしか見えなくなってきて、私はもう何もできないんじゃないかという気持ちにもなってくる。

 

 

言葉足らずだけど、正直もうだめだなという気持ちがする。

色んなことが限界で、色んなことがいっぱいいっぱいだ。

今日は、連日寝れなかったせいか、物凄い頭痛と吐き気で一日寝込んでしまった。また自己嫌悪が激しくなった。

 

コロナはなんでこんなタイミングで来てしまったんだろう。消えてくれんか本当に。

あと時間が無限にあるのに何もできない自分も消えたい。被害者意識から脱せれたらいいんだろうけど。ね。